2011年04月23日

本心は「鉢の木」なんでしょ!?

〜前回までのあらすじ〜
未成年喫煙で謹慎処分を受けたダルビッシュ投手。
そのくやしさがバネになったのか、いまや日ハムのエース、そして日本球界のエースにまで上りつめた。
そんなダルビッシュの映像が映し出されるバッティングマシンでホームランをかっとばしたバッファロー君なのであった。

〜〜〜〜〜〜

しかしバッティングてのはなんでこんなに楽しいのだろう!?
子供の頃とか、バッティングセンター遊びいって、1回やるのだけでも悩んでたものだが、
今や「大人買い」ならぬ「大人特打ち」が出来るので、時間と体力が許す限りやってしまう気がする。

それにしても筋力や動体視力が低下してしまったとはいえ、俺のバッティングフォームはかなりイケてる。
中学生の頃よりもむしろいい気がする!
そういや、俺が打ってる時、ゲージの後ろからメガネのジイさんが、ずっと俺のバッティングを見てたな・・・

よし、一日300回の素振りを日々の日課にしよう!
常に体力をつくっておくのだ!
そして、読売巨人軍から新入団テストの徴集がかかったその時には、
鉢の木の佐野源左衛門の心境で、多摩川河川敷に駆けつけるのである!

つづく。

次回は「快速速水現る!の巻」


posted by Buffalo at 23:22| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
くだらねえ!!
もうブログやめろ!!
Posted by ヒデ at 2011年04月24日 11:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。