2012年11月21日

テレキャスターをメンテに出した。

愛機テレキャスターが手元に戻ってきました!
フレットを打ち換えていたのであります。
夏に新しいテレキャスターを購入したところ、この長年使っているテレキャスターが異様に弾きづらいということに気付いてしまったのです!
こういった大掛かりなメンテをするというのは初めてだったのですが、いやあ弾きやすくなりました!
修理屋さんによると、ネックはかなり反り、フレットもペタペタだったようです。
いままで無理やり弦高を上げ、気合いで音をだしていたんですな。

72〜73年製で、私とはもう15年の付き合いですからね。
そりゃあガタもくるでしょう。たまにはこうやってメンテするのも大事だな、と思いました。

自分も人間ドックにでも行ってこようかなあ。

121121_2033~01.jpg


posted by Buffalo at 21:16| Comment(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。